暮らしのキホン

キホン

導線確保に使えるカラダの寸法

インテリアの基本4

自分のカラダを使って導線作りができる

実は、インテリアにおける寸法の考え方の中に、
人間工学として自分の身長を元に求められる方法があるんです。

そして、よく導線のなかで必要となる部分を中心に説明していきますよ。

「ヒジ〜指先」・・・ テーブル/机上での腕の可動域など
「ヒザ〜かかと」・・・座った時に自然に伸ばす足の長さ
           椅子の高さ
「肩幅」  ・・・  通行に必要な幅を求める時
           座る時/空間を確保する時

このようにして、色んなところに対して人間工学に基づいた寸法から
インテリアの空間や家具などは作り出されているんです。

そして驚きなのが、

「肩幅」
「ヒジ〜指先」
「ヒザ〜かかと」

この3点の長さはほとんど同じほどの寸法なんです!

「身長×1/4」で求められますよ!

家具購入時やレイアウト計画の時にも、自分や家族の身長から割り出して
決めていくと、案外難航していたのも早くに決まるかもしれませんよ☆


(※人間工学から求められる詳しい寸法には個人差があります)

関連記事