暮らしのデザイン

ライフスタイル

しっとりお肌に向けて!冬の乾燥肌に正しい入浴法

入浴法 バナー

寒い冬には熱いお風呂!もしかしたら乾燥の原因になっているかも

どんな季節でもお風呂って浸かると
心身共に日常から解放されてとっても気持ちいいですよね。

今まで何気なくやっていた入浴法が実は、、
特にこの寒い冬に毎年やってくる「乾燥」とやら
憎い敵を促進させてしまっているかもしれません!

そこで今回は「乾燥」を防ぐための入浴法をご紹介します。

実は・・・

いつもの入浴、良いこともあれば、
一つ間違えると肌に負担をかけているかも・・・?

□メリット□
 ・血行が良くなる
 ・皮膚の汚れや角質が落としやすくなる
 ・硬くなった角質が柔らかくなって保湿成分が浸透しやすくなる


■デメリット■
 ・熱いお湯に浸かりすぎると皮膚膜を溶かし
  角質層内の保湿成分(セラミドなど)が流れ出てしまい乾燥の原因に。
 ・血行が良くなる代わりにかゆみが増してしまう

入浴効果は??

主に2つの作用が重なって入浴した後のすっきり感が生まれます。

①”温熱効果” で疲れが取れる

 ・血流が良くなる
 ・体内の老廃物や疲労物質の除去
 ・コリがほぐれ、疲れが取れる
 ・内臓の働きを助け自律神経をコントロール

②”浮力作用” で気分がリラックスする

 ・体重を支えている筋肉や関節にかかる負荷が減少し
  筋肉の緊張が解きほぐされる
 ・カラダが軽くなることで精神的にもゆったりリラックスし、
  ストレス解消に。

  

乾燥を防ぐオススメの入浴法♪

⚫︎お湯の温度は38℃〜40℃くらいを目安に。

⚫︎浸かりすぎも角質層のセラミドや皮脂が流出してしまう恐れが
 ありますので入浴時間は大体15分ぐらいをめどにしましょう。

⚫︎保湿効果の高い入浴剤を入れて、入浴中にも乾燥を防ぐ力をUP!

⚫︎毎日石鹸でゴシゴシ洗っていませんか?
 肌の角質を一緒に洗い流すこともありますので、
手のひらや柔らかい綿(コットン)で洗うことをオススメします。

冬は特に乾燥しやすい季節。入浴後の保湿はしっかりと!

入浴後5分をピークに肌の水分はどんどん減少していきます。
3分以内には保湿をしてあげるようにしましょう。

これで「乾燥」も怖くないですね!
冬の寒さも楽しんじゃいましょう!!

関連記事