北摂のイベント

, ,

驚異と怪異〜想像界の生きものたち

驚異と怪異

ちょっと涼しくなってきてなんだかホラーが見たくなる季節になりましたね。
職場の同期の子と”ホラーを見ながらピザを食べる会”、
略して「ピザ会」をしようと話をしています。(ピザ食べたいだけ)


さて今回は国立民族学博物館、略して「みんぱく」の
催しを紹介しようと思います。
万博公園の中に日本庭園の一角があったり、民族学の博物館があったり。
知ってました?
通年でイベントやっているんですが、今回はこれ。
「驚異と怪異〜想像界の生きものたち」が開催されています。

以下HPより↓

なぜ人類は、この世のキワにいるかもしれない不思議な生きものを思い描き
形にしてきたのか。奇妙で怪しい、不気味だけどかわいい
世界の霊獣・幻獣・怪獣が大集合!
現代のアーティスト・漫画家・ゲームデザイナーたちによる
クリーチャー制作も紹介し妖怪やモンスターの源泉にある
想像と創造の力を探ります。



これスクウェア・エニックスも協賛してるんですね。
日本のポップカルチャーが集結しててなかなか興味深いです。
民族学とか昔から割と好きで学校の授業や書籍、もののけ姫も好きでした。
方言も都市部から波紋系に広がっていて、全く離れた土地でも
同じ意味の方言をしゃべる地方がいくつかあるようです。
(これはビーバップ/ハイヒールであったような笑)

こちらの民族学博物館ではよくイベントが開催されているようです。
これを機にうちの息子娘は民族学の道へ・・・
なんてこともゼロではないので(あっても困るかも笑)
お子さんを一度連れていってみてもいいかもしれません。
ただ、雰囲気とか怖いお面とかでトラウマなる可能性も。笑
自己判断でお願いいたします。
そう思ってキャプションの画像は可愛い妖怪にしてみました◎
なんの妖怪か知ってますか?




【期間】
2019年8月29日(木)〜11月26日(火)

【場所】
国立民族学博物館 特別展示館 (万博公園内)

【時間】
10:00〜17:00 (入館は16:30まで)

【料金】
一般:880円
大学生:450円
高校生以下:無料

【アクセス】
大阪モノレール「万博記念公園駅」・「公園東口駅」
近鉄・阪急バス「日本庭園前」

※駅から施設まで無料のシャトルバスがあります。詳しくは公式HPにて

国立民族学博物館 特別展示館

日時2019年8月29日(木)〜11月26日(火)

最寄駅万博記念公園駅から徒歩

時間10:00〜17:00(入館は16:30まで)

定休日水曜日

料金一般880円/大学生450円/高校生以下無料 ※本館展示もご覧になれます。

備考公式HPはこちら

関連記事