暮らしのキホン

キホン

カーテンの採寸

窓(カーテン)トップ

カーテンの採寸ってどうすれば?

入居後すぐに欲しいけど忘れがちなのがカーテン。
採寸なども難しくて、、、。

まずは基本の必要寸法をしっかり把握できて入れば
なんとなくのイメージも湧くはず♪

窓の種類別(掃き出し窓/腰高窓)でイメトレ!

掃き出し窓

掃き出し窓・腰高窓共に、カーテンレールの長さは窓幅よりも左右それぞれ10〜15㎝長めに付けておくと、
カーテンを開けきった時に窓と被らないので窓全体を使用できます♪

またカーテンの縦の長さは、窓の種類によって考慮する点が違う。
出入りできる掃き出し窓は床と擦らないように、床から1〜2㎝ほど浮くように長さを調整する。

掃き出し窓はバルコニーがLDK階にあることも多く、カーテンも合わせてインテリアに影響することも。
面積が大きい分全体のインテリアと合うような色・柄を選ぶと失敗が少なくてオススメ。

カーテンレールの幅は掃き出し窓と考え方は同じ。
窓の幅より10〜15cm長めにつけておくと良い。
腰高窓はカーテンが短かすぎると光が下から漏れてくるので、窓の下端から15〜20㎝長めにしておくと良い。

関連記事