暮らしのデザイン

ライフスタイル

熱中症の予防に冷やすのは「手のひら」!?

熱中症 手のひらTOP

夏の暑さは年々厳しくなっている気がします。
マスク生活が続いていることもあり、熱中症の予防はしっかりと気をつけたいですよね。


保冷剤で首や脇を冷やすという対策をご存知の方は多いと思います。
ですが、昨年ころから注目されている予防方法が「手のひらを冷やす」こと。


手のひらには、動脈と静脈をつなぐ「AVA血管」というものがあります。
AVA血管は体温が高くなると大量の血液を流して熱を放出するラジエーターのような存在。
手のひらのほかには、足の裏や頬にもAVA血管は分布しているのだそう。

ただ、保冷剤など冷たすぎる刺激では、AVA血管が閉じてしまう可能性があるのだとか。
15℃ほどの温度が、最も効果的に働いてくれるとのことですよ。


自動販売機で購入してしばらく経ったペットボトル飲料を握ることでも効果は期待できるそう。
手軽にできる熱中症予防の一つの方法として、覚えておいて損はないですね。

関連記事