暮らしのデザイン

ライフスタイル

読むを楽しむ。紙書籍と電子書籍、どっちで読もう?

2022.8 読むを楽しむ

本を読むことは好きですか、苦手ですか?
本を読むとき、電子書籍と紙書籍、どちらで読んでいますか?
電子書籍は新しい読書スタイルなので、未体験の方もいらっしゃるのかもしれませんね。
逆に、電子書籍だけで読書を楽しんでいる方もいらっしゃると思います。

今回は、紙書籍と電子書籍、それぞれの特長をまとめてみました。
それぞれの特長を知って、本を読む楽しみを充実させましょう。

紙書籍の良いところ

■コレクションアイテムにもなる
 シリーズ作品の全巻を棚に並べて眺めるだけでもわくわくします。
 また、オシャレな表紙・装丁の本はそのままインテリアとして飾ることもできますね。

■ブックマーカーやブックカバーを楽しめる
 書籍についているブックマーカーや、書店でかけてもらえるブックカバー。
 自分好みのものに変えて楽しむこともできます。

■貸し借りができる
 友人知人と貸し借りすることで、話のネタにもなりますね。

■古書店などに売ることができる
 事情により手放すとしても、古書店などで買い取りしてもらえます。
 ちょっとしたお小遣いになり、また別の本を購入することもできます。

■紙ならではの質感を味わえる
 飛び出す絵本・仕掛け絵本のような楽しい仕組みは、紙書籍ならでは。

■写真の画質が端末に影響されない
 端末画面の設定によっては、本来の色味と変わる場合があります。

■読書に集中できる
 読んでいる最中にメールや電話の通知が表示されることはありませんよね。
 また、電波状況に左右されることもないので、集中して読むことができます。

電子書籍の良いところ

■思い立ったときに購入できる
 書店などに出向かなくても購入でき、店頭での在庫切れの心配がありません。
■かさばらない
 保管場所が不要です。電子書籍専用の端末でなければ、普段から持ち歩いている
 スマートフォンやタブレットだけでよいので外出時の荷物も増えませんね。

■利用するサービスによっては、お得に読める
 無料で試し読みができたり、クーポンやキャンペーンなどで定価より安く購入できることも。
 また、元々の価格に紙書籍と電子書籍で差がある場合もあるようです。

■汚れたり破れたりしない
 端末自体はともかく、本の変色やページが破れる心配がありません。

■文字のサイズが変更できる
 表示する文字のサイズが変更できるのは電子書籍ならでは。

いかがですか、紙書籍と電子書籍、どちらにも良いところがたくさんありますね。
どちらかだけで読むのも良し。状況や場面に応じて使い分けるのも良し。

本を読むことが得意ではない方は、試し読みしやすい電子書籍をトライしてみてはいかがでしょうか。
読書好きの友人知人に紙書籍を借りるのもおすすめです。

あなたの好み・ライフスタイルに合った読書スタイルを見つけてください!

関連記事