暮らしのデザイン

インテリア

ハーバリウムの作り方

4a691cb08e9b5b3ff42256ac5e90f25c_m

今、SNSで話題の「ハーバリウム」。さまざまなお花や植物を保存液とともに瓶詰めした植物標本のことを指す言葉ですが、作るのは難しい?と思っている方に朗報です!とっても簡単に作れるので、中の植物を変えてみたり容器を変えるなどして、オリジナルのハーバリウムをつくってみてはいかがでしょうか。
今回は、材料・作り方に加えてハーバリウムにオススメの植物をご紹介します!

【材料】
■キャップ付きのガラス容器
※大きな容器や幅広のものは花材が浮きやすく、配置が難しいため初心者の方にはスリムな容器がオススメです!
■保存用の液体(流動パラフィン(ミネラルオイル)またはシリコーンオイル)
■長めのピンセット
■花材を切るハサミ
■ドライフラワー、プリザーブドフラワーなどの花材


【作り方】
①ガラス瓶の洗浄と乾燥は入念に!
瓶に少しでも水分が残っているとカビや腐敗の原因に。新品でもしっかり洗浄し、しっかりと乾燥させましょう。

②中に入れる花材を用意しましょう!
花材は、水分があるとカビや腐敗などの原因になるため生花は使用しません。
ドライフラワーやプリザーブドフラワーを使用しましょう。
※ドライフラワーは湿度の低い場所で自然乾燥させるか、シリカゲル乾燥剤を使うと綺麗に仕上がるためおすすめ!

③容器にバランスを考えながら花材を配置していきます。
※乾燥した花材はとても繊細なため、ピンセットで掴む場合は気を付けましょう!

④保存用の液体を瓶の淵に当てるようにして入れていきます。
オイルは温度によって容積が変わるためガラス瓶いっぱいに注ぐと溢れてしまう恐れが!ギリギリに入れるのではなく、少し余裕をもたせましょう。

⑤気泡がなくなってから、キャップを閉めて完成です!


【オススメの花材】

かすみ草:可憐なイメージで可愛い!ドライフラワーにすると、生成り色になるためナチュラルな雰囲気に。


ユーカリ:くすみグリーンがイマドキでおしゃれ。

ラベンダー:色味のアクセントにオススメ♪

オススメの花材

センニチコウ:赤やピンク、紫など、ドライにしてもカラーが綺麗に出ます!

ドライフルーツ:オレンジや木の実などでアレンジを加えても楽しいですね。

関連記事