暮らしのデザイン

時短テクライフスタイル

この服、残す?手放す? 見極めポイント

時短テク 洗面系

冬服から春服へ衣替えのタイミングが近づいてきましたね。
衣替えは、洋服を残すか手放すかを考えるいいタイミングです。
とはいえ、判断に迷う洋服も多いですよね。
そこで今回は、洋服の『残すor手放す』を見極めるポイントをお伝えします!
ポイント1:『消費期限』を過ぎている服は手放す
毛玉やシミができているもの、破れたりほつれたりしているものなどは『消費期限切れ』。直しても着たいと思うもの以外は手放しましょう。

ポイント2:今着たいと思えない服は手放す
流行が過ぎたもの、古びて見えるもの、傷みがなくても着たいと思えない服は手放し時です。
礼服の類ではない「今は着ないけど、いつか着るだろう」と置いている服も、収納場所にゆとりがなければ、手放してしまいましょう。

手放し方は「捨てる」だけじゃない。

手放せないという方は「捨てたくない」のではないでしょうか。
値段が高かった、思い出が詰まっている、お気に入りのキャラクターモチーフ、など、思い入れがあると、ゴミとして捨てるのはつらいですよね。
そこで、捨てる以外の手放し方をご紹介いたします!

手放し方1:リサイクルショップや古着店に買い取ってもらう
状態のよい服ならば、リサイクルショップや古着屋の買い取りを検討してみてください。
フリマアプリ・フリマサイトなどを活用してもいいですね。
また、送料を負担することになる場合が多いですが、寄付という手段もあります。
お気に入りだった服が、別の誰かのお気に入りになれば、服も幸せですね。

手放し方2:リメイクする
エコバッグやポーチ、ブックカバーなど小物にリメイクして使ってみてはいかがでしょうか。
お裁縫が苦手な方には、ファブリックパネルにして飾るのもステキな使い方です。
衣替えのたびに残すか手放すかを悩むのは大変ですが、手放すための基準が定まればスムーズに衣替えできますね。

衣替えのタイミングについては、こちらをチェック!

衣替えはいつがオススメ?

 北摂LABOでは、エコバッグの作り方もご紹介しています。ぜひ、チェックしてください!

レジ袋有料化に向けて

関連記事