暮らしのデザイン

ライフスタイル

冬のおやすみtime

冬の睡眠美人

冬こそ睡眠美人を目指して!

そろそろ寒い冬が近づいてきましたね。。

寒いし
布団から出たくないし
二度寝したくなっちゃうし。。

毎日この寒さとの戦いなのかと思うともう、、、嫌になりますね。笑

冬になると温か〜くして寝るのが普通かと思いますが、

実は睡眠にNGなことをやりがちな人も多いはず。


そこで、少しでも朝の目覚めをよくするために睡眠美人を目指して
いくつかやりがちNG項目をご紹介したいと思います☆

実はNG!!!

夜にお風呂に入った後ってポカポカしてて、
このまま寝たら寒い思いしなくてすむや〜♪ とか思いますよね。

●火照ったまま靴下を履いてしっかり装備した上で布団に入っている人、実はこれNG!

まず、寝るときの基本として、布団の中で体の熱を放熱しながら保温することで
快適な睡眠が取れます。
そして、快適な睡眠が取れる方法として体の温度が下がり始めた頃に布団に入るのがBEST!

ですので、お風呂上がりの体がかなり温まった状態で、保温体制に入ってしまうと、
布団の中で熱がこもってしまい、うまく放熱ができないんです。

そして、眠りに入るときの靴下も放熱を妨げる要素になってきます。

どうしても靴下がないと眠れない!という方は、ピタッとした靴下ではなく、
ゆるい靴下に変えて寝るようにしましょう♪


●湯たんぽや電気毛布での温めすぎもNG!

適切な布団内の温度は32度前後。
それを超えてしまうとこれもまた眠りの妨げになります。
厚着や重い布団など、一見暖かさ重視で良さそうなものも、快適な睡眠にとってはあまりよくありません。
重い布団は特に寝返りをしにくくなることもあるので注意です。

寝る前は部屋を暖かくして、体がリラックスしている状態で布団に入るのが一番ですよ♪
睡眠を快適にとって目覚めの良い朝を目指しましょう☆

関連記事