暮らしのデザイン

ライフスタイル

衣替えはいつがオススメ?

衣替えはいつがオススメ?

学校の制服は10月から冬服に衣替えでした。
会社勤めでも、クールビズ期間が終了すると秋の装いへと替えていきますよね。
とはいえ、10月になっても昼間は暑くて半袖でも過ごせる日もあり、衣替えのタイミングって意外と難しくないですか?

そこで、衣替えの時期を、おさえておきたいポイントとあわせてご紹介します。

衣替えは年に4回、気温をチェックして時期を判断

季節にあわせて年に4回の衣替えが、実はオススメなんです。
最高気温を目安に時期を判断しましょう。

<目安となる最高気温>

夏服から秋服:最高気温15℃~20℃

秋服から冬服:最高気温15℃以下

冬服から春服:最高気温15℃~20℃

春服から夏服:最高気温22℃以上

衣替えのおさえておきたいポイント

最高気温が衣替えの目安に近づいてきたら、事前準備から始めましょう。

・不要な服の処分を。
衣替えのタイミングで、不要な服を手放せば、収納スペースに余裕ができるし、洗濯の手間も減らせます。
色褪せたり痛んでしまった、昨シーズンも今シーズンも着なかった、サイズが変わった、など手放す基準を決めてから取り掛かるのがポイントです。

・収納場所の掃除と防虫剤の準備
カビや害虫の発生を防ぐために、掃除機をかけたり、雑巾で乾拭きをして収納場所を掃除しておきましょう。
防虫剤や除湿剤の準備も忘れずに。

・収納の前に「しまい洗い」
普段の洗濯では、見えない皮脂汚れが残っていることも。
収納している間に、黄ばみやシミで衣類をダメにしないためにも、収納前に洗濯をしなおしましょう。
しっかり乾かしておくことも大事です。

・晴れた日の朝から作業する
雨の日に衣替えをすると、収納場所に湿気を閉じ込めてしまいかねません。
また、服の入れ替え作業は思いのほか時間がかかります。
1日で終わらせるためには、午前中からスタートするのがオススメです。

・前シーズンのものを数枚残す
衣替えをした後にも、前シーズンの服を数枚残しておくと急な気温変化にも対応できますよ。
また、通年使えるアイテムを、取り出しやすい場所にキープしておくのもいいですね。


目安となる最高気温と、作業できる晴れた日を、天気予報で確認しながら、楽しく衣替えに取り組んでくださいね。

関連記事