暮らしのデザイン

ハンドメイドインテリア

ガーランドで壁をオシャレに!

ガーランドで壁をおしゃれに

お部屋の飾り付けとして、壁や窓際などに飾りつけるひも状の装飾品「ガーランド」。
季節にあわせて変えたり、イベントのときに飾り付けたりと、人気のアイテムなんです。
サッと飾るだけでお部屋の雰囲気を変えることができるうえ、 取り外しも簡単にできるのが嬉しいガーランド。

ガーランドの形や色、デザインに決まりは無く、自分のアイデア次第で手作りも可能ですよ。
今回はガーランドの飾り方や、手作りのアイデアをご紹介します!


ガーランドとは?
ガーランドは元々は、勝利や成功のしるしとして頭や首に飾る「花輪」「花冠」を指しています。
現在では、つる植物や花を編んで作った飾りや、ひもに造花や旗など様々なアイテムをつけたものを意味するようです。


ガーランドの飾り方
壁に沿うように横向きに飾るのが、最もベーシックなガーランドの飾り方。
壁に縦(垂直方向)に飾れば、ガーランドの存在感が引き立ち、空間をさりげなく仕切る役割としても使えます。
また、天井や壁の高い位置から吊るす飾り方は、特別感あふれる雰囲気になり、パーティなどの飾り付けにピッタリです。


1.折り紙で簡単フラッグガーランド

折り紙を三角形に切って、逆三角形になるようにテープで紐につければ、フラッグガーランドの完成!
三角形になるように折って、紐につける方法もありますよ。
パーティーなど短期間の飾りつけにはピッタリですね。

2.端切れでフラッグガーランド

ひし形に切った端切れを、紐を挟むようにボンドでとめていきます。
大きさがそろうように型紙の用意を忘れずに。

3.リボンガーランド

こちらは細長く(幅5cmほど、長さ40~45cmほど)切った布を、紐に結ぶだけ!
布の素材や色で、雰囲気も自在ですよ。

4.ドライフラワーのガーランド

ドライフラワーを数本ずつ束ねて、下向きにクリップで紐にとめます。
フェイクグリーンや造花を使ってもできますよ。



飾るアイテムや飾り方を変えるだけで、いろいろなバリエーションが楽しめるガーランド。
ぜひ季節やイベントにあわせて、部屋のインテリアに取り入れてみてください。

関連記事