暮らしのデザイン

ライフスタイル

『貧乏ゆすり』が実はオススメ?!

貧乏ゆすり

カタカタカタカタカタカタ・・・


視界の端っこで小刻みに上下する脚に気づいてしまうと、もう気になって仕方なくて「やめてよ~」って思うこと、ありませんか?
そう、『貧乏ゆすり』です。


その名前もあって、悪い印象がもたれがちな『貧乏ゆすり』ですが、実は健康にプラスな面もあるんです。



足を小刻みに上下に動かすと、ふくらはぎの筋肉が刺激され、血流がよくなります。
血流がよくなり、血液循環やリンパの滞りが改善されることで、冷えやむくみの解消につながります。
また、エコノミークラス症候群の予防も期待できます。


リズミカルに足を上下させることで、セロトニンというホルモンが分泌され、ストレス緩和に効果もあるそうです。
逆に言えばストレスを感じて、貧乏ゆすりをしてしまうのは自然なことなんですね。


すわりっぱなしが続くときには、人目につきにくいように、『貧乏ゆすり』をされてみてはいかがでしょうか。

関連記事