暮らしのデザイン

ハンドメイド

紙を折るだけ簡単☆ブックカバー

ブックカバー TOP

紙を折るだけ簡単☆ブックカバー

本を読むときはブックカバーをかけてますか?
私は本を汚したくないので、ブックカバーを必ずかけて読んでいます。
「表紙が反ってしまわないため」「何を読んでいるのかを周りに見られている気がして」などなど、
ブックカバーをかける理由は様々かと思います。
本屋さんでかけてくれるブックカバーのままでもいいですが、
ネットショップなどで購入したり、図書館などで借りた場合などはブックカバーがついてきません。
そこで、家にある紙を切って折るだけのブックカバーを作ってみませんか。

使う紙は、どのような紙でも大丈夫です。
ただ、紙が薄いと中の本がすけてしまいますので、気になる場合は注意してください。

紙の大きさは、上下の余白が1~2㎝以上、左右の余白は本の見開きプラス3~6㎝程度。

文庫本ならA4サイズの紙がぴったりです。
今回は白紙で作っていますが、web上のフリー素材を印刷して使ってもいいですね!

ちなみに、紙を切るときに余白を計らなくとも、
本を実際に置いて折り目をつけてから切ると楽でした♪

適当な大きさに紙を切った後は、本を置いて、本に合わせて折るだけ。
上下の余白は本の表紙の厚みのぶん、余裕を持たせましょう。

不要不急の外出は控える今だから、のんびり読書したり、本棚の模様替えを楽しみましょう♪

関連記事