暮らしのデザイン

2017/03/16

花粉症に効く!食べ物&飲み物まとめ

kahun

ようやく暖かくなり始めた3月中旬。過ごしやすい日が近付いてきた・・!と、思うのもつかの間。
花粉症の方にとってはとっても辛い季節でもありますね。
くしゃみや鼻水、肌荒れなどに悩ん出る方も多いと思います。

今回は花粉症に効くと言われている食べ物・飲み物をご紹介!
毎日の食事に取り入れやすいものをセレクトしてみました。

毎朝ヨーグルトを♪

ヨーグルトやキムチに含まれる乳酸菌。
この乳酸菌が重要で、腸内環境を整えて免疫力を高めることで花粉症の症状を緩和してくれると言われています。免疫力を高めることは、花粉症に限らず様々なアレルギー症状の改善に効果的!ヨーグルトを毎日200g以上食べることで、細胞バランスが正常化するとの研究結果もあるほど。
ただ、即効性は期待できないため毎日継続して食べ続けることが大切。砂糖入りではない、「プレーンヨーグルト」が理想です*

キムチも乳酸菌が豊富のため、オススメ♪

「体を冷やさない」がポイント。

フルーツではバナナを毎日2本食べると花粉症症状が緩和された、という研究結果も。バナナには抗酸化作用や抗炎症作用があり、炎症を和らげる効果も期待されています。ただ、バナナは南国の果物。体を冷やさないよう、取り過ぎは禁物です*
バナナジュースや、ドライフルーツ、焼きバナナにするなど、体を冷やさないよう工夫しましょう!

また、最近では抗アレルギー成分として注目されている「ナルリチン」を含む「じゃばら」が大注目を浴びています!
和歌山県の北山村周辺にしか自生していなかったことから「幻の果実」と呼ばれている柑橘類で、ゆずやかぼすの仲間です。
ジュースなどもどんどん発売されているため、一度試してみては*

夕食の魚は、青魚をセレクト。

青背の魚には、EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)が多く含まれており、これらの栄養素が免疫力の働きを正常にしてアレルギー症状を抑えるとされています。

EPAは光に当たると酸化してしまうので、干物は避け、刺身か、煮る、焼くなどして食べると◎。
また、DHAはサバ・イワシ・サンマなど背の青い魚に豊富に含まれています。栄養素をそのまま頂く、刺身で食べるのがオススメ!

サバ、イワシ、ブリ、サンマなどの青背の魚は、食事のメインメニューとしても使いやすい食材。塩焼きや照り焼き、味噌煮など手軽で美味しく、花粉症に効果のある食材を選ぶようにしましょう!



いかがでしたか?ご紹介した食品はスーパーなどで手軽に手に入る食材ばかり。
毎日の食事に一工夫して、花粉症を乗り越えましょう!

関連記事